日没から日の出までの展覧会 アートユニットniciによる個展「golden time "今とても素晴らしい時"」渋谷・BLOCK HOUSEで5月1日から開催

日没から日の出までの展覧会 アートユニットniciによる個展「golden time “今とても素晴らしい時”」渋谷・BLOCK HOUSEで5月1日から開催

青木結花里と三谷桐子によるアートユニット「nici (ニキ)」の2回目となる個展「golden time”今とても素晴らしい時”」が、渋谷・BLOCK HOUSEで開催。期間は、5月1日(水)-5日(日)まで。

本展は、個展 “ブチ上がっていきたい所存。”(2017)で発表した作品をBLOCK HOUSEの特異な建築空間に合わせ再構築。開催時間を日没から日の出までの時間に設定し、自然光の移り変わりの中で2つのインスタレーション作品を展開する。

また、ビルの最上階に設置された茶室内では原宿の街並みを目前に新作を発表。静けさが訪れた原宿に漂う空気の中で、作品と環境との関係性を問う。

golden time “今とても素晴らしい時”
会場:BLOCK HOUSE 4F/5F
会期:2019/5/1(水) – 5/5(日)
5/1(水)18:27 – 4:50
5/2(木)18:28 – 4:49
5/3(金)18:29 – 4:48
5/4(土)18:30 – 4:47
5/5(日)18:30 – 4:46
(*日没から日の出まで)
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-9
入場料:無料

※展示会場はBLOCK HOUSE4階/5階です。建築構造上、エレベーターが併設されておらず、会場にお越しの際の通路は急傾斜の階段のみとなっております。

日没から日の出までの展覧会 アートユニットniciによる個展「golden time "今とても素晴らしい時"」渋谷・BLOCK HOUSEで5月1日から開催
nici (ニキ)
青木結花里と三谷桐子が2013年に東京で結成したアートユニット。
環境や周辺都市から着想を得て、身近な素材を用いた実験ベースで生まれる現象の美を追求し、人が日常の中で自然と作り上げるイメージに揺さぶりをかけるような作品を目指す。
主な活動に 個展「ブチあがっていきたい所存。」(アートスペースココノカ / 東京 / 2017)、神戸ビエンナーレ2015 アートインコンテナ国際展 (神戸,兵庫 / 2015)、グループ展「I sit and look out」(co-ume lab./東京/2015)等 。2019年4月1日から6月12日までBankART SILKにてアーティストインレジデンスに参加中。オープンスタジオは5月31日〜6月9日。
Web:https://www.nicitokyo.com
Instagram:@nici.tokyo